プーンと漂う嫌な臭いをブロック【臭いの原因になる多汗症】

女の人

汗っかきを解決

脇

知っておきたい汗の仕組み

日常生活で支障を感じるほど汗っかきである場合は、多汗症の治療も視野に入れておきましょう。多汗症の治療は、整形手術を行っている美容整形外科などでも行われています。治療方法はボトックスを使って汗腺の神経に働きかけ発汗を抑えたり、手術で汗腺を除去するなど様々です。発汗は体温を調節するために必要な機能であり、それを止めることになるので副作用も気になるところではないでしょうか。汗腺の除去手術では、他の部位からの発汗が増える可能性があると言われています。例えば、脇の汗腺除去を行った場合、背中や手のひらなど他の汗腺からの発汗が増えるということが無いとは言えないということになります。ボトックスでは、そういった他の部位からの発汗量が増えるという副作用は基本的には無いとされています。ただし、ボトックスは妊娠中や授乳中の方には適しませんので、妊活中の方は医師にどれくらいの期間を置く必要があるのかきちんと確認しておきましょう。多汗症は元々発汗量が多いというだけではなく、汗を気にするあまり、さらにたくさんの汗をかいてしまうといった悪循環が生まれやすいという特徴があるので、一度ボトックス治療を受けて多汗症の悩みから解放された生活を経験することはおすすめです。

汗が気になる季節の前に

ボトックスは、様々な整形治療にも使われる安全性の高い成分です。様々な部位に適量を調整して使うことができるので、幅広く利用できる成分として普及しています。ボトックスが安全性が高いと言われる特徴の一つとして、体内に注入した後は少しずつ分解されて体外へ排出されていくというものがあります。そのため、特別なアフターケアも基本的には必要が無いのです。その代わり排出が進めばボトックスの効果も薄れてきます。多汗症の治療を受けた場合、個人差はありますが数ヶ月単位で効果が続くとされています。例えば、汗をたくさんかく夏場に備えて治療を受けておくというようなことも可能です。人によっては冬場の汗の臭いが強くなるという方もいますし、大事な会議や試験に備えたいという方もいるでしょう。このように、個々のニーズに合わせて上手に治療を受けて発汗量をコントロールしていくと良いでしょう。美容整形外科では多汗症の治療を受ける場合、まずはカウンセリングで治療方法や費用、持続期間や副作用の説明などをしっかり話し合う流れになります。病院によっては女性専用となっている場合もあったり予約制のところも多いので、事前にインターネットなどで調べておきましょう。