プーンと漂う嫌な臭いをブロック【臭いの原因になる多汗症】

女の人

専門医に相談して改善

女の人

生活に影響が伴う症状

多汗症とは、身体を動かしているわけでもなく暑いというわけでもないのに、尋常ではない汗をかいてしまう疾患です。多汗症には汗をかく体の部位によって、以下のような症状に分けられます。手のひらから大量の汗をかく手掌多汗症、足の裏から大量の汗をかく足底多汗症、わきの下から大量の汗をかく腋窩多汗症、顔から大量の汗をかく顔面多汗症、頭から大量の汗をかく頭部多汗症があります。またこれ以外に全身から汗をかく全身多汗症があります。多汗症は、滴り落ちるほどの汗をかいてしまう場面が多々あります。そのため、人や物に触れられない、足の裏が汗まみれで靴の中が気持ち悪い、顔の汗が目立つし化粧が崩れる、髪の毛がぐしょぐしょになるなどの様々な状態に悩まされます。症状が重度だと日常生活に支障をきたす場合もあり、精神的に病んでしまい、うつ病を患ってしまう人もいる病なのです。多汗症の原因をストレスや緊張からくる精神的なものだけだと思っている人も大勢います。しかし実際には、自律神経の中の交感神経がうまく働いていないなど、体の異常からくるものが多いのです。そのため家でリラックスをしている時でも症状が出る人もいるのです。

数々の治療方法

多汗症の治療は、皮膚科や美容整形のクリニックで実施されています。特に近年では、美容整形の分野で多汗症の治療や改善を行うことが増えたため、美容外科や美容皮膚科を利用する人も増えました。美容整形のクリニックで多汗症を得意分野にしているところもあります。様々な治療方法があります。まず、抗コリン薬という汗腺に発汗の指令を送るアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制して発汗を止める薬を内服する薬物療法があります。これは完全に汗を止めることになるため、逆に口渇、便秘などの胃腸の障害などが出る場合があります。次に、塩化アルミニウムの外用薬を塗り発汗を抑える方法があります。高い効果が確認されているため利用する人が多いですが皮膚の弱い人にはあまり向いていません。ボトックス注射でボツリアヌ毒素を局部に注入することで発汗が抑えられます。比較的高い効果が得られますがすぐに再発することもあります。その他に、身体に発汗の指令を出す交感神経を切断する手術があります。手足からの発汗がぴたりと止まり効果は一生続きます。しかし、一度切断を戻すことは不可能ですし他の部位からの発汗が多くなる可能性も指摘されています。このように数々の治療法がありますが、どの疾患に言えるように副作用なく完璧な効果があるものを探すのは困難です。そのため、皮膚科でも美容整形でも専門医にしっかり診断してもらい、そのあたりも考えながら治療を進めることが大切です。多汗症は治療できない病気ではありません。また、多汗症の原因の解明や効果的治療法はまだまだ研究が進んでいる最中ですので、これからもっと原因が明確になり効果的な治療法が出てくるでしょう。