プーンと漂う嫌な臭いをブロック【臭いの原因になる多汗症】

女の人

多量の汗が出るときの対処

女性

汗の出る理由と対処法

運動したわけでもなく、気温が高いわけでもないのに多量に汗が出てきてしまう、そんな症状を「多汗症」といいます。何故多量の汗が出てきてしまうのか原因は不明とされていますが、多くの場合ストレスなどの精神的なものが影響していると考えられています。緊張したときには汗が出るものですが、これは自律神経である交感神経が過敏になっていることによって多量の汗が出てくるのです。多汗症はこの状態がさまざまな要因によって続いている状態だと考えられます。具体的な要因としては、ストレスや緊張、不安などの精神的な不調によって交感神経が優位になっている状態が挙げられます。緊張時に汗腺が活発化してしまうのは、人間という生き物の仕組み上仕方がありません。緊張して過剰に働く脳を冷却するために、汗が体中から吹き出てしまうのです。また、他の要因としては、生活習慣が乱れることなどによって脳下垂体から出るホルモンも乱れてしまうことで、自律神経も乱れてしまい汗が出ることがあります。遺伝によってもなりやすい人もおり、肥満のために汗をかきやすいという人もいます。それに加えて、最近ではタバコやコーヒーなどに含まれるニコチンやカフェインが、交感神経を刺激してしまう働きがあることがわかりました。ほかの要因としては、代謝異常や内分泌異常などの病気になってしまうと汗を大量にかいてしまうことがあるため注意が必要です。

人気の治療方法

多汗症を治療するためには、整形外科や美容外科などで治療することができます。多汗症の整形外科を始めとした病院での治療はさまざまなものがあります。塩化アルミニウムの水溶液を汗が気になる部分に塗っていくことで、汗を抑える外用制汗剤を使った治療方法です。汗には効果的ですが、多汗症自体を治療する物ではないため使用を止めれば汗が出てきます。水道水を用いたイオントフォレーシス療法は、水を入れた機器に弱い電流を流して汗の出やすい手足を浸して汗の出る穴を少しずつ減らして行く方法です。即効性がある方法ではないため週2回の整形外科などへの通院が必要となります。簡単に汗を抑えたいというときには美容整形で行われるボトックス注射が効果的です。毒素を抜いたボツリヌス菌から抽出した成分を気になる部分に直接注射する方法で、汗腺の働きを抑えることで汗を抑制します。比較的効果のある方法ですが、定期的に注射をすることが必要です。しっかり直したいという場合には、マイクロウェーブ療法がおすすめです。電磁波を照射することで、熱エネルギーを使って汗腺を破壊します。一度の施術で汗がほぼ止まり、効果は半永久的に続くとされています。さまざまな方法がありますが、自分に合った施術を行うことが大切です。